2020年国際公募展 美は国境を越えて 開催のお知らせ



国際公募展 「美は国境を越えて」
は乃木坂にある国立新美術館にて開催されている公募展です。

本展はアジアの芸術表現として深い伝統を持つ墨絵を中心とした展覧会として始まりましたが、
近隣諸国の墨の作品から交流が拡がり、文化交流が進むにつれ、ジャンル、国を越えて作品が集まり、
現在では、アジア、太平洋地域のみならず、欧州からも多くの作品が出品されています。

ジャンルは絵画、書、映像、立体造形など多岐にわたり、それぞれの作家が他の個性を敬いながら、
最大限に自らの個性を発揮する展覧会を目指しています。


この展覧会を主催する国際墨友会は墨の芸術を追究し、
墨絵、書道の研究、普及を通して、「墨」の表現による活動を続けています。
墨の交流は中国、韓国のみならずロシア、スイス、ポーランドなどに拡がり、更に拡大を続けています。